相続への取組み方について、お伝えさせていただきます

相続の手続きを専門家に依頼されるということ

 

 もし、亡くなられた方に遺言書が無い場合は、その方の相続手続きには「遺産分割協議書」の作成が必要となります。

 

 こちらは、相続人さま全員がその内容に合意をする必要がありますが、相続人となる方が少ない場合でも、これまでの事情やお考えがそれぞれ異なる場合もありますので、当事者同士では思いのほか話し合いがうまくいかない事があります。

 

 私の経験からお伝え致しますと、亡くなられた方の子供や両親・祖父母が相続人となる相続よりも、兄弟姉妹と配偶者が相続人となる場合には、当事者だけで合意を得ようとするよりも、第三者が間に入ってお話をさせていただいた方が、うまくいく可能性が高いと思われます。

 

 その第三者となる方には、私の様な行政書士を始め、弁護士・司法書士の先生方、都市銀行など、 いろいろな方がお手伝いをしておられますが、その関わり方はそれぞれ少しずつ異なります。

 

 一般的な相続のお手伝いと致しましては、相続財産の調査をして、ご要望通りの協議書が作成可能かどうかを検討し、作成した協議書をそれぞれの方へご郵送、または依頼者の方がそれを集められ、すべてが揃ったらお預かりして、各所へ名義変更の手続きを行う、という流れが多いと思われます。

 

 この場合におきまして、依頼者さまと他の相続人の方々とのお付き合いがあまりない、または折り合いがよくなかったと致しますと、知らない専門家の方やご親族の方から、相続に関する書類が送られてきても、受け取られた方の中には、困惑されてしまう方もおられるのではないでしょうか。

 

 過去には、「相続手続きの書類が送られてきたが、内容がよく解らないのでそのままにしていた」という相続人の方より、ご相談をお伺いしたこともありました。

 

 それでは、もしも専門家にお任せするという場合には、どういう方にお任せするべきなのでしょうか。

 

 相続を完了するまでには、必要な書類を用意したり、協議後の事務手続きをどうするか、という大切な過程がありますが、それよりも”相続人となる方々による協議(話し合い)”というものが、大きな割合を占めます。

 

 それを相続人の方が一人で行われる場合、精神的なご負担も重く、我々専門家がお手伝いをする場合にも、最も必要とされる部分でもあります。

 

 その為、”どのような資格や立場の方なのか”というより、その重要な部分において、”どのような関わり方をされるのか”という事をしっかりと確認した上で、ご依頼者さまが「この方ならお任せして大丈夫ではないか」という方にお願いする事が一番よいと思うのですが、いかがでしょうか。

 

『相続まちの相談室』の相続への考え方

 

 相続におきまして、一番重要な部分は協議内容をどのようにして決めるか、というところです。

 

 こちらをどのように対応するかで、その後の相続が円満にいくかどうか、という事に少なからず影響する部分でもあります。

 

 私は、「書類を送って協議の合意をお願いする」、「話し合いは相続人の方々にお任せする」という関わり方につきましては、人と人が話し合いをするという事のお手伝いを専門家としてお引き受けしている事になるのだろうか、と考えます。

 

 これまで、私にご依頼いただいた方の中には、”他の先生に相談をしたけど・・”、”一度依頼をしたんだけど、上手くいかなかったから”という方もおられました。

 

 『相続まちの相談室』の相続のお手伝いは、依頼者さま(相続人のお一人)よりお声掛けをいただきましたら、相続の発生と遺産分割の内容について、すべての相続人さまへ直接訪問・ご説明をさせていただき、相続人さまお一人お一人のご意見をお伺いする、というやり方をさせていただいております。

 

 この「相続人にお会いする」ということが、一番大切な取り組みであると考えておりますし、それが本当に円満な相続に必要なのではないか、と考えております。

 

 その為なのか、『相続まちの相談室』では、年数の経過してしまった相続、あまり関係性のよくない相続人の方がおられる相続、当初の相続人方が亡くなってしまった「数次相続」と呼ばれる相続、などをご依頼いただく事が多いです。

 

 また、相続手続きにかかる費用につきましては、相続財産の中から精算していただく事を併せてお願いしております。

 

 なぜそのようなやり方をさせていただくかと申しますと、相続手続き自体は特定の相続人さまの為だけにあるものではなく、誰かお一人だけが費用をご負担いただくものではないと考えるからです。

 

 また、相続自体を完了させる為に一度関係がこじれてしまいますと、それまでの人間関係はなかなか元には戻らない、ということも大きな理由です。

 

 依頼者さまのご要望にお応えすることは我々の大きな使命ですが、その為に当事者間の人間関係が損なわれていいはずがありません。

 

 関係する皆様にとって、相続を通じて”円満な人間関係のかけ橋”となることができればと考え、ご相談をお伺いしております。

 

関連ページ

費用について
ご依頼いただいた場合、どれぐらい費用がかかるのか、ご説明しております。

 
相続のご対応への考え方 費用について お問い合わせ