相続の基本的な事から、その手続きの流れについて、簡単にご説明致します

相続について-記事一覧

 亡くなられた方に遺言書があれば、それに従ってその遺言内容を実現していく(遺言執行といいます)のですが、遺言書が無い場合は、「法定相続」という、民法第886条〜の条文に基づきまして、実際に亡くなられた方の財産を相続する相続人が確定していきます。 この相続人の確定には、第1順位〜第3順位までの順位がありまして、第1順位から順番に、その順位の方がおられるかどうかで決定します。 その為、第1順位の方がお...

 相続の発生から遺産分割協議書作成、その後の手続きなどのおおよその流れは、下記の通りなります。@被相続人(亡くなられた方)の戸籍、財産の調査※主な必要書類 1 戸籍謄本2 除籍謄本⇒出生〜亡くなるまで全てが必要3 戸籍の附票(不動産がある場合)4 土地・家屋名寄帳兼課税台帳5 登記簿謄本(土地、建物)6 公図、 路線価図など7 金融機関残高証明書8 金融機関名義変更用紙 9 株式、有価証券残高証明...

トップへ戻る