後見制度について-記事一覧

 一般的に後見制度とは、「成年後見制度」全般の事をさし、事故や病気、障がいなどが原因で、物事の判断能力が無くなって(低下して)しまった方に対して、後見人という方が、その方の意思や自己決定権を尊重しながら、財産の管理を行い、場合によっては契約の取消までも行うことが出来るという、本人保護の為の公的な制度です。 例えば、認知症の症状が出てきたという場合も、判断能力が無くなって(低下して)しまった状況のひ...

 任意後見制度とは、その名の通り「任意」に「後見」人を選べる制度です。 それは、ご自身がお元気なうちから後見人となる方を決め、その方に将来の後見人の就任を承諾してもらう事で実現します。 法定後見制度は、家庭裁判所が後見人を選任しますので、より自由度が高いとも言えます。 任意後見契約は、将来の任意後見人の就任を契約するものですが、その契約は通常の契約ではなく、「公正証書」で結ばなければなりません。 ...

 法定後見制度には、本人の判断能力の状況に応じて、次の通り、「後見」「保佐」「補助」という3種類の後見人があります。  後見の種類本人の判断能力後見人の種類後 見全くない後見人(後見監督人)保 佐著しく不十分保佐人(保佐監督人)補 助不十分補助人(補助監督人)※( )の監督人は、後見人の事務を監督する役割として、必要と認められた場合に選任されます。 法定後見制度は、任意後見制度とは違い、本人の判断...

トップへ戻る