相続や遺言、終活が専門です

 

相続まちの相談室 代表・三上隆

弊所のご紹介

○行政書士 三上隆事務所
・代表者名 三上隆
・NPO法人
 京都府成年後見支援センター会員
・相楽東部広域連合教育委員会
 生涯学習サポーター
・精華町社会福祉協議会会員
・京都地域包括ケア推進機構
 高齢者あんしんサポート企業

 

 弊所は、相続や遺言、終活のご準備などのお手伝いを専門とした、小さな個人事務所ですが、この分野では「真摯に、でも急がずゆっくり」というお付き合いで、“大きな法人事務所ではあまり見たことがない”と言っていただける様な、ご信頼を誇りとしております。

 

 最近は、所属するNPO法人京都府成年後見支援センターによる「死後事務委任契約」、「任意後見契約」などのお手伝いが増えてきているところです。

 

このページの先頭に戻る


 

ご相談をお伺いする時に大切にしているもの

 

話し合いのイメージ

 皆様は、依頼や問い合わせをした時、次の様な思いをされたことはありませんか?

○詳しい説明がないまま、話しが進んでいる気がする
○「もう少し詳しい説明を」とは言いづらかった
○最初とは違う方に、また同じ説明をすることになった
○これからも相談に乗ってもらえるのかな
    ・・など。

 この様な思いををされるのは、同じ分野の方であっても、ご依頼やお問い合わせに「どのように取り組むか」という、姿勢に違いがあるからだと思います。

 

 ITやAIという分野が著しく進化する現代ですが、人と人との関わりには、「変わってはいけないもの」があるのでないでしょうか。

 

 「自分の悩みを解決してくれるかどうか」というだけでなく、「どの様に行ってくれるのか」、「その後も安心して相談が出来るのか」ということも、「この方なら大丈夫だろう」という、安心感の様なものが必要だと考えております。

 

 依頼者さまはもちろんですが、関係されるすべての方との出会いを大切に、ご依頼やご相談に取り組ませていただいております。
 どうぞ、お気軽にお声掛け下さい。

 

このページの先頭に戻る


 
トップへ戻る