『相続まちの相談室』は、”会いに行く相続”や遺言などの”終活のご準備”を専門とした、京都伏見の「あんしん相談室」です。

『相続まちの相談室』のご紹介

 

○代表:三上 隆
 ・行政書士(第15271952号)

 

 皆様、初めまして。
 私は、『相続まちの相談室』の行政書士 三上隆事務所の三上隆と申します。

 

 何かのご縁でご覧いただきました皆様に、『相続まちの相談室』の取り組みについてご紹介をさせていただきます。

 

『相続まちの相談室』とは

 『相続まちの相談室』は、大きな法人事務所では無く、相続や遺言、将来の終活へのご準備のお手伝い、身元のお引受けなどを専門とした、小さな個人事務所です。

 

 その為、ご対応させていただける業務量には限りもありますが、”ご依頼を業務としてこなす”のでは無く、依頼者さまはもちろん、関係されるすべての方との信頼関係を大切にして、それぞれの方のお話をじっくりと伺わせていただく事で、疑問や不安なお気持ちが、少しでも軽くなるお手伝いが出来ればと、日々活動をしております。

 

 例えば、最近の相続の案件におきましては、インターネットを始めとしてあらゆる情報があふれている時代を反映して、「遺留分」などという言葉も当たり前のように聞かれますし、昔の家長制度の様に「代表の方がすべてを引き継ぐ」という相続は減少し、「自分にも相続出来る割合があるなら、少しでも相続をしたい」とお考えになる方は少なくありません。

 

 それは、これまで「相続は代表者(多くは長男)がするのが当たり前」、とされていた時代から考えますと、平等になったと言えますが、ある意味「複雑化した」とも言えると思います。
 その為、これまでの様に「この書類に印鑑を押してサインして欲しい」と、書類だけ送るというようなやり方では、相続の協議が難航する場合も多く、「相続人の方とお会いし、話しをすること」は、とても重要になってくると思われます。

 

 インターネットに加え、「AIの普及」という時代を間近にして、人と人のつながりが更に希薄になったり、最小限になったりすると言われる方もおられます。
 その事は、ある意味では避けなれない部分なのかもしれませんが、そんな時代だからこそ、私は”人との出会い”を大切にして、皆様からのご相談やご依頼に、まっすぐに取り組ませていただきたいと考えております。

 

 

ご依頼への取り組み方

 皆様は、誰かに依頼やお願いをした時に、次の様な考え方や思いに接して、違和感を覚えられたことはありませんか?

○要望や依頼を満たせれば、過程やその後の事はそれほど重要ではない。
○何か問い合わせをした時、あちこちたらい回しにされた。
○もう少し説明を聞きたかったけど、「もう一度」とは言いづらかった。
○依頼した方の別の部署の方から連絡があったが、同じ説明をまた一からすることになった。 ・・など。

 

 このような思いをするという事は、“ご依頼をいただいた”という事に対して、「どのように取り組むか」という、根本的な問題だと思うのですが、いかがでしょうか。

 

 相続や遺言などは、人生でそう何度もない出来事のひとつですし、「終活」といいましても、置かれている状況や考え方は、それぞれ異なります。
 そのような大切な一場面におきまして、それを誰かに相談したり、お任せしたりするとした場合、皆様なら何を一番大切にして、その相手の方を決められるでしょうか。

 

 もし、私がそれを誰かに依頼するという状況だとして、誰にお任せすればいいか、迷っているとします。
 費用や業務方法の違い、周りの方からの評判など、考えられる重要な点はいろいろありますが、私なら一番大切なものは、もっと他にあると考えます。

『その方が信頼できる方なのか』です。

 

 それは、「この方にお任せしたら、間違いないだろう」という安心感であり、自分がそのように思えた方が「信頼できる方」である、と私は思います。
 もちろん、もっと違う考え方やご意見もあるかと思いますが、「自分ならこういう方に任せたい」という、その「信頼できる方」であることを目指し、皆様からのご相談やご依頼に取り組ませていただいております。

 


 
トップへ戻る