相続や遺言、終活のご相談は、京都の相続まちの相談室へ

相続や遺言を専門としております

 

相続まちの相談室のご紹介

○行政書士 三上隆事務所
・代表者 三上隆
・NPO法人
 京都府成年後見支援センター会員
・京都地域包括ケア推進機構
 高齢者あんしんサポート企業

 

 『相続まちの相談室』は、大きな法人事務所ではなく、相続や遺言、終活のご準備などのお手伝いを専門とした、小さな個人事務所です。

 

 これらを業務とする専門家は数多くおられますが、弊所では少し異なった取り組み方もしておりますので、ご紹介させていただきます。

 

“相続手続き”だけではありません

 例えば、相続の手続きを専門家などへ依頼された場合、必要書類の準備や事務的な手続きの代行などが主な業務範囲となるかと思います。

 

 もちろん、それは大切な業務の一つですが、「相続の話し合いは、相続人の方々にお任せ」」という関わり方の場合、相続で一番大切で負担も大きくなるであろう、相続人との関わりとなる部分をお手伝いをせずに、相続の専門家としてお任せいただいたことになるのだろうか、と考えます。

 

 ご承知の様に、現代はかつての様に「長男など、代表の方がすべて引き継ぐ」という相続ではなく、相続人の方々による協議が基本となりますので、その結果として「相続がそのままになっている」ということが起こっております。

 

 その理由は、「相続人が遠方にいる」、「お付き合いがあまりない」という様なものから、過去の出来事に対する認識の違い、介護や日常のお世話など、亡くなられた方との関わり方の違いを原因とした、“感情的なすれ違い”となるものまで、様々です。

 

すべての相続人にお会いします

 弊所では、すべての相続人に直接お会いしております。 

 

 ご依頼をいただきますと、特定の方の代理で動くという訳ではなく、すべての相続人の方々に面対した上で、具体的な協議内容のご提案、摺合せをするという関わりを致します。

 

 相続人同士の協議につきましては、具体的な対応をされる専門家は意外に少なく、「相続人同士の話し合いには関与しません」と規定しているところもありますので、幣所の関わり方をご説明致しますと、驚かれる方もおられます。 

 

 この様な関わり方は、書類上のお手伝いだけをするよりも、遥かに時間と労力を必要と致しますが、“相続人同士の協議”こそ、第三者である専門家の助けが必要とされる重要な部分であり、「円満な相続には、それが一番の近道」いう想いから、この様な関わり方をしております。

 

“会う”、“聴く”、“話す”が大切です

 円満な相続を実現するには、“相続人間のコミュニケーションが大きく左右する”と、私は考えております。

 

 それは、「これまでのお付き合いが良好かどうか」ではなく、“相続の発生後、どの様にコミュニケーションをとるか”ということが、大切だという意味です。

 

 相続人間で、意見や考えが一致しているとは限りませんので、たとえ時間が掛かることになっても、協議のお手伝いをすべく、皆様の方のお気持ちを直接伺わせていただいております。

 

このページの先頭に戻る


 

ご相談をお伺いする時に大切にしているもの

 

 皆様は、依頼や問い合わせをした時に、次の様な違和感を覚えられたことはありませんか?

○業務方法や完了後のことは?
○問い合わせをたらい回された
○詳しい説明を「もう少し」とは言いづらかった
○最初とは違う方に、また同じ説明をすることになった 
    ・・など。

 このような思いに関しては、ご依頼やお問い合わせに対して「どのように取り組むか」という、姿勢の問題だと思います。

 

 時代は常に変化していきますが、どの様な時代であっても、人と人との関わりには、「変わってはいけないもの」が、必ずあると思います。

 

 相手の方が「自分の悩みを解決出来るかどうか」という結果だけではなく、「どの様に解決してくれるのか」という過程や方法も、同じ様に重要なのではないでしょうか。

 

 それは、「この方にお任せしたら、間違いないだろう」という、安心感と言える様なものがあるのかどうか、ということだと思います。

 

 その様な想いを胸にして、依頼者さまはもちろん、関係されるすべての方との出会いを大切に、ご依頼やご相談に取り組ませていただいております。

 

このページの先頭に戻る

 
トップへ戻る