『相続まちの相談室』―相続や遺言、終活のお手伝いを専門として、京都府下だけではなく、滋賀県などでも活動している行政書士です。

『相続まちの相談室』の考え方について

 

代表者:三上 隆
・京都府成年後見支援センター会員
・京都地域包括ケア推進機構
 高齢者あんしんサポート企業

 

 『相続まちの相談室』は、大きな法人事務所ではなく、“これから”を考えた相続や遺言、終活のご準備などのお手伝いを専門とした、小さな個人事務所です。

 

 弊所の考え方や取り組み方について、ご紹介させていただきます。

 

手続きだけではありません

 例えば、相続の手続きを専門家などへ依頼された場合、必要書類の準備や事務的な手続きの代行などが主な業務範囲となるかと思います。

 

 もちろん、それは大切な業務の一つですが、「必要書類を送って署名をお願いする」、「話し合いは相続人の方々にお任せする」、「同意内容を書面化する」というだけの関わり方の場合、“相続”という、人と人が話し合いをするという、一番大切で負担も大きい部分のお手伝いを、専門家としてお引き受けしていることになるのだろうか、と考えます。

 

 ご承知の様に、現代はかつての相続の様に、「代表の方がすべてを引き継ぐ」という訳ではなく、相続人の方々による協議が基本となりますので、色々な理由で「相続がそのままになっている」、ということも起こっております。

 

 それは、「相続人が遠方にいる」、「お付き合いがあまりない」という様なものから、過去の出来事の認識の違いや、介護や日常のお世話など、亡くなられた方との関わり方の違いによる、“感情的なすれ違い”が原因と思われるものまで、理由は様々です。

 

 そんな時代の相続への関わり方として、『相続まちの相談室』では、すべての相続人さまに直接お会する「会いに行く相続という、やり方をしております。

 

 具体的には、こちらからすべての相続人さまを訪問させていただき、直接お会いしてそのお気持ちをお伺いした上で、具体的な協議内容のご提案・摺合せをする事で、円満な相続への道筋をお示しするという方法です。

 

 相続人同士の協議には、「どの様にすすめればよいのか」、「上手くまとまるだろうか」という、ご心配の声をお伺いすることも多く、本来はその部分こそが、第三者である専門家の助けが必要になるところではないかと考えます。

 

 ただ、“相続人の方々の協議の中に関わらせていただく”ということは、弁護士の様に特定の方の代理人となる訳ではなく、すべての皆様から、お気持ちや過去の背景など、様々なことをお伺致しますので、手続きだけを業務とするよりも精神的な負担も大きく、多くの時間が必要となることがあります。

 

 その為、重要な部分ではあっても、具体的な対応までをされる専門家は少なく、初めから「相続人同士の話し合いには関与しません」と、規定している専門家もおられます。

 

 それでも、これまでの経験から円満な相続は人にお会いすることが不可欠という強い思いがありますので、たとえ時間が掛かっても、それぞれの方のお気持ちを直接伺わせていただいております。

 

ご依頼への取り組み方

 皆様は、誰かに依頼や問い合わせをした時に、次の様な考え方や思いに接して、違和感を覚えられたことはありませんか?

○依頼を満足出来れば、過程やその後の事はあまり重要ではない。
○問い合わせをたらい回しにされた。
○更に詳しい説明を聞きたかったが、「もう少し」とは言いづらい雰囲気だった。
○依頼した方とは違う方が電話に出られて、また同じ説明をする事になった。 
  ・・など。

 このような思いに関しては、ご依頼やお問い合わせに対して「どのように取り組むか」という、根本的な姿勢の問題だと思います。

 

 相続や遺言、「終活」などといいましても、置かれている状況や考え方はそれぞれの方で異なりますし、あまり多くの方にご相談するというものではないと思います。

 

 そんな大切な事を誰かに相談したり、お任せしたりする場合、皆様ならどうやってその相手の方を決められるでしょうか。

 

 「自分の悩みを解決してくれるかどうか」という事は当然ですが、私は更に大切なものがあると考えます。

 

『その方が信頼できる方なのか』です。

 それは、「この方にお任せしたら、間違いないだろう」という安心感とも言えます。

 

 これまで、私にご依頼いただいた方の中には、「他の先生に相談したことがある」、「依頼をしたけれど、上手くいかなかった・・」という方もおられます。

 

 このような方々を含め、多くの方からのお気持ちに応えられる様に、依頼者さまはもちろん、関係されるすべての方との“出会い”を大切にして、ご相談やご依頼に全力で取り組ませていただいております。

 

このページの先頭に戻る


 
トップへ戻る