相続について

 
事実婚の状態でも相続人になれますか
相続権のある「配偶者」とは、婚姻関係にある方をさします。

長年連れ添っておられた場合でも、婚姻関係が無いと法的な配偶者ではありませんので、相続人となることは出来ません。

 

もし、この方にご自身の財産を遺したい場合は、生前贈与を行うか遺言を作るしかありません。
(相続人の方が誰もいない場合は、特別縁故者として財産を取得できる場合があります)

 

葬儀の費用は、相続財産から支払ってもいいの

葬儀の費用は亡くなった方にかかる費用だから、相続財産より支払ってもいい、と思われがちですが、これは結構難しい問題です。

 

そもそも、葬儀費用の負担に関する法律がない為に、見解が分かれているのですが、大きく下記の2つに分かれます。
@故人の相続財産より支出
A喪主が当然に負担すべき

 

最近の判例では、儀式挙行者・祭祀承継者が負担すべき、という流れ(平成24年・名古屋高裁など)になりつつありまして、Aの喪主の負担を支持しているものの、判例は個別で事情が異なりますので、すべてに当てはまる訳ではありません。

 

葬儀費用の扱いでも、相続人同士がもめてしまうきっかけになる場合がありますので、あらかじめご自身の意思をご家族に遺しておくことは、本当に大切だと思います。

 

遺留分って、何ですか

遺留分とは、遺言書によっても制限することのできない、相続人に必ず遺さなければならない財産の割合を指します。

 

相続人が両親(または祖父母)のみの場合は、全体の1/3が遺留分割合となり、それ以外の方が相続人の場合は、全体の1/2が遺留分割合となります。

 

また、兄弟姉妹が相続人の場合には遺留分はありません。

 

子供がいない夫婦は、配偶者が全財産を相続できるの

相続に関する誤解のひとつですが、子供がいない夫婦の場合、配偶者だけが相続人になる訳ではありません。

 

故人に両親(または祖父母)や兄弟姉妹がおられれば、その方たちにも相続権があります。

 

再婚をしましたが、前の配偶者との相続はどうなりますか

婚姻によって発生した相続権は離婚と共に消滅致しますので、前の配偶者の相続権は無くなり、現在の配偶者が新たな相続人となります。

 

但し、子供の親に対する相続権は離婚しても無くなりませんので、再婚されて新しく子供を授かった場合でも、前の配偶者との間の子供は、現在の配偶者との子供と同じ相続割合がある事になります。

 

自宅の「権利証」紛失したのですが、それでも名義変更は出来るのでしょうか

相続の名義変更(相続登記)におきまして、不動産の権利証は必須となる添付書類ではありません。

 

権利証は、登記簿上の所有者と亡くなった方が、同一人物であることを確認する為の添付資料の1つです。

 

この為、住民票など他の書類で確認することが出来れば、権利証が無くても名義変更は可能ですので、ご安心下さい。

 

このページの先頭に戻る

 
トップへ戻る