お金の管理を伴うサポートについて

お金の管理や、いろいろな手続きが難しくなった場合に備えて

 

 将来、ご病気や認知症などの原因により、お金の管理やいろいろな手続きなどをする事が、ご自身では難しくなった場合はどうするのか、という事も、その時になってからでは決める事が出来ないものとして、とても大切です。

 

 また、手術や入院、福祉施設などに入所をされる場合には、一般的に「身元引受人」「身元保証人」と呼ばれる方を求められます。

 

 その方には、費用の保証や賠償をする責任もありますので、お近くにご家族さまがおられない方や、「おひとりさま」「おふたりさま」の方から、それをどうすればいいのか、というお問い合わせをいただく事があります。

 

 身近にご家族の方がおられる場合ですと、その方々にお願い出来ますが、「おひとりさま」「おふたりさま」の場合ですと、それを誰にお願いすればよいのか、ということで、お問い合わせをいただく事があります。

 

 他には、税金などの事務的な手続きやお金の管理などをどのようにするか、という問題も生じてきます。

 

 また、万一の場合の葬儀や、身のまわり品の整理をどのようにするか、ということも考えておく必要がありますし、ペットがおられる方は、その後のお世話をどのようにお願いするのか、ということはとても切実な問題です。

 

 具体的には、身元引き受けの場合ですと、ご親族などに依頼できない方の場合は、それを専門にされている団体や個人に依頼することも出来ます。
 ただ、身元引受人は費用保証や賠償などの責任を求められるが一般的ですので、それに相当する費用を預託(一時預り)するなどの必要があります。

 

 また、それ以外の事務手続きや財産管理につきましては、「任意後見人」を指定して、将来に備えることもできます。

 

 将来、ご自身に万一があった場合、その後の事をお任せする場合、遺言を遺すことが考えられますが、遺言は財産や身分行為以外はそぐわない、とされておりますし、「遺言書自体をどのように見ていただくか」という、問題もありますので、「死後事務委任」という契約をあらかじめ結んでおき、ご自身に万一があった場合のことを依頼しておくことも出来ます。

 

 財産の引き継ぎ方法に関しましては、「家族信託」と呼ばれる契約を用いる事で、遺言書では実現する事の出来ない、財産の引き継ぎ方を実現することも出来ます。

 

その他のあんしんサポートのご案内

 

 『相続まちの相談室』では、「あんしん見守りサポート」に加えて、財産管理やその他の手続きのお任せをいただく事で、相談者さまのご安心をサポートしております。

 

○あんしん見守り+財産管理サポート
 月額2万5千円

 

 あんしん見守りサポートに加えて、財産管理も含めたものとなります。
 近くに頼れる親族の方がおられない、という方だけではなく、事情があって頼みづらいという方も、お声掛け下さい。

 

 

 

○病院・施設などの身元引き受け
 9万円

 

 入院や福祉施設などの入所には、「身元引受人」や「身元保証人」が必要となります。
 その様な方をお任せできる方がおられない場合にお任せいただけます。
 こちらは、将来の死後事務委任契約と併せてご相談をお受けしております。
 (身元引受人のみのご相談は、別途お問い合わせ下さい)

 

 

 

○任意後見人としてのサポ−ト
 月額3万円(後見が開始してから)

 

 「任意後見人」とは、ご病気や認知症などの影響により、判断能力が低下した時に、あらかじめご自身で決めた方のと契約により、将来の事をお願いする制度です。
 また、この制度は、ご自身がお元気なうちはサポートをさせていただく訳ではなく、将来判断能力が低下した時に、初めてサポートを開始させていただくものです。
 「任意後見人」は、成年後見人とは違い、自身が希望される方を選ぶことが出来ます。

 

 

 

○死後事務委任のサポート
 相続財産の2%(最低額は65万円となります)

 

 将来、ご自身に万一の事があった場合、ご葬儀の手配や(あるいは喪主の代行)家の整理、大切なご家族でもあるペットのお世話など、いろいろな事を、あらかじめご依頼いただくもので、その内容はご相談者さまによって様々なものがあります。
 こちらは、万一の時に備えてご依頼いただくものですので、ご契約時に費用は掛かりません。
 最近は、ご親族のおられないという方だけではなく、遠方におられてなかなかお付き合いがない、という方のご相談も増えつつあります。

 

 
相続へのご対応について 費用について お問い合わせ